こんにちは ユウジです。

 

皆さんは、YouTube を利用していますか? 多くの方は日常的に利用されていると思います。今や世界的な一大ストリーミング動画サイト(アプリ)ですね。

YouTube を利用して自分の世界観を世界に発信する個人は、大変多く存在します。自分の興味のあることについて記録した映像をアップロードする人や、自らが写り、YouTuber として活動する人など様々です。自分の興味のある物事について撮影しながら、それについて声や顔を交えて案内・解説する人もいます。

近年では、多くの企業や自治体でも YouTube を活用して、活動を広く周知することを目的に動画投稿することが増えています。

 

膨大なコンテンツから、私たちは選り取り見取り好きな動画を視聴していくことが出来るのです。自分が熱狂する物事、関心を寄せる物事は、たいてい YouTube に公開されています。全くないということはあり得ないでしょう。

多くの人々は、それまでのテレビよりも面白いと思っています。YouTube にはテレビと同様に広告がありますが、広告主もテレビから YouTube へ主軸を移していこうという動きになりつつあります。YouTube に限らず、インターネットで宣伝することの方がメリットが大きく、広告効果も高いと判断されるようになってきたのでしょう。

 

以前のブログ記事にも書きましたが、私が YouTube に出会ったのは2007年です。 今から11年も前になります。その頃は、今ほど広告が目立ちませんでした。広告主にまだまだ認知されていない時代でした。また、視聴者、動画投稿者ともに今に比べると圧倒的に少なく、認知度は低い状況でした。まだ、世間ではテレビがメインであり、YouTube がどういうものなのかも知らない人が大半だったと思います。詳しくは以前書いたこちらの記事をご覧ください。https://yuji-yamada.com/youtube-i

 

そんななかで、YouTube がついに広告なしで視聴できる有料サービスを日本で開始しました。

アメリカなどでは、数年前から YouTube Red という名称でサービスを行なっていましたが、日本ではこれまでサービスが提供されませんでした。(※ YouTube Red は YouTube Premium に変わりました。)

Google Pixel 3 日本発売もあり、日本に住む人にとって朗報が続いていますね。Google Pixel は初代、2ともに日本が発売対象外の国でしたから、2年程度悲しい思いを強いられていました。日本はアメリカ・中国に次ぐ経済規模の国であるにも関わらず、Google から見放されてのかという風にも感じていました。

 

こういう風に日本もちゃんと見ているよと Google が言っているような感じで、少し安心している今日この頃です。

 

YouTube Premium はじめてみた

日本でサービスが開始された YouTube Premium を早速利用してみました。

どんな感じなのかスクリーンショットで記録していますのでご覧ください。

YouTube Premium

YouTube Premium 購入手続き

3ヶ月間は無料で体験できるようです。2019年2月14日以降にサービスの利用を継続する人は、ここで登録したカードから毎月1,180円支払うことになります。とりあえず無料で試してみると良いと思います。

払うのが嫌な人は、2月13日に解約すれば良いだけです。その代わり広告が付きますけれどね。意図的に広告を大量に付ける動画投稿者もいらっしゃいますので、時間ロスは割とあるかもしれません。毎月1,180円って高いですか? その辺は皆さんがお考えになればよろしいですが、私はそうは思いません。

 

YouTube Premium 画面

登録後、このような画面に切り替わりました。右上の方をよくご覧いただくと、YouTube から Premium に変わっているのがお分かりいただけると思います。

 

YouTube Premium 動画再生画面

このように動画に広告が一切つかなくなりました。これまで再生スライダーにあった(広告をつけている動画のみ)黄色いラインがなくなりました。広告の数毎に黄色いラインがつくので、これまでは広告の量も確認することができました。しかし、そんなことからも「さようなら」です。

無料で提供しているのだから、広告つけるのは至極当然のことであります。「広告は嫌! でも、動画は観たい! 金なんて払いたくない!」というのは需要者として傲慢です。供給側のコストなど一切考えずに「タダで見せろ!」と言っている人はよく考えるべきです。

 

私のブログも広告をつけていますが、その代わりに無料で誰でもご覧いただくことができます。有料noteや有料ブログという手段もありますが、初めからそれをするのは難しいだろうと思い、無料で情報を提供しています。まずは認知していただくことが大切だと考えていますので、情報提供の有料化は現時点で考えていません。

 

今回広告がなくなって、YouTuber の収益はどうなるのかも気になるところです。YouTube Premium から視聴された場合でも、それ相応の収益が得られると良いと思いますが、どうなんでしょうかね? まあ、YouTuber に対してもメリットがあるように YouTube (Google) も考えていることでしょう。私は大丈夫だろうと信じています。

 

YouTube Premium 動画再生画面

iPhone のアプリでの表示です。アプリでも右上の表示が Premium に切り替わりました。

私はダークテーマが好きなので、この画面に違和感ある人はいらっしゃるかもしれません。確か、今年の夏くらいにダークテーマが実装されました。ダークテーマは良いですよ。ずっとこれにしています。

YouTube Premium 動画再生画面

オフライ...というボタンが追加されています。これは、Premium ではないユーザーも追加されています。Premium ではないユーザーが押すと、Premium 登録の画面に遷移します。

YouTube Premium オフラインに一時保存

Premium ユーザーは、このボタンを押すとこのような表示が出ます。オフラインに一時保存という機能が実装されました。これは Premium ユーザーの特権です。Wifiが使えない外の4G環境でも、通信量を消費せずに動画を視聴したい人にありがたいサービスです。

移動中に観たい動画を、外出前に家のWifiでダウンロードしておいて、移動中はダウンロードしたものを観るといったスタイルで動画を楽しむことができます。YouTube はストリーミングといって、端末のストレージにはダウンロードせずにインターネットからその都度受け取るという仕組みになっています。端末のストレージに入らないということがポイントで、同じ動画を二度目に観る場合であっても同じ通信量を消費しなければならないのです。

 

SoftBank がギガモンスターという、SNS や YouTube の通信量を一切カウントしないというプランを出すくらい、情報量は膨大なのです。月間5GBのプランでも、動画を頻繁に観るとすぐに上限に達してしまいます。5GBを超えると月が変わるまで速度制限がかかるようになります。これは経験している方ならお分かり頂けると思います。昔のダイヤルアップくれいに遅くなります。文字の表示さえ数秒〜数十秒かかるようになります。地獄です。

 

YouTube Premium の”オフラインに一時保存”は、スマートフォンのストレージに動画を直接入れるという仕組みになりますので、通信量は一切消費しません。スマートフォンのストレージから動画を読み込んで再生するということになります。

 

こういうことは、今までは一切できませんでした。YouTube非公式の動画ダウンロードツールなどはこれまで色々ありましたが、公式ではありませんでした。 YouTube Premium の”オフラインに一時保存”は、あくまで"一時保存"ですので、完全に自分の物として永遠に持ち続けることは多分できません。動画が非公開になれば、保持することは不可能かと思います。

それでも大きなメリットはあると思います。例えば、4Gが圏外でWifiもないようなフェリーなんて如何でしょうか? そういう船は今もあるそうです。見える景色が青ばかりで、退屈になった時に動画観れるのは良いかもしれませんね。

 

また、バックグラウンド再生可能という Premium ユーザーの特権があり、別のアプリを開いていても大丈夫です。作業しながら、ラジオ感覚で聴くことができるというのは大変素晴らしいものです。例えば、Daigoさんやスーツさんのような聴きながらでも面白い YouTuber の動画を今まで以上に多く再生できる機会ができるのです。

スーツさんの場合は、特に背広(スーツ)チャンネルが良いでしょう。

スーツさんとは

スーツさんは、横浜国立大学の学生でありながら、 YouTuber として活躍されています。 主に鉄道や旅についての動画を投稿されています。また、ある社会事象について取り上げて自ら見解を述べるような動画や、エンターテインメント性の高いコメディー動画も投稿されています。YouTubeチャンネルは以下の3つあります。

 

また、バックグラウンド再生中はスリープモードでも聴くことが可能です。画面の電源オフの状態(真っ暗な状態)でも大丈夫ということですので、バッテリー消費も抑えられます。これまでは、ラジオ的に使いたくても「ダメです。」という感じでしたが、それができるようになったのです。素晴らしいですね。

広告主にとって「映像を含めて広告を出しているのに、音声だけしか受け取られないのでは良くない!」と思うのは当然ですよね。 だから、今まで YouTube はバックグラウンド再生をユーザーにさせてこなかったのだと私は確信しています。今回は広告をなくしたことによって、ラジオ感覚で利用したいというユーザーの希望に沿うことが出来るようになったのです。「その代わりにその分は払ってよ!」という感じです。

 

広告なしにすることの他に、付加価値として新たなサービスもいくつか提供してくれているのです。ありがとう、YouTube。ありがとう、Google。

 

Premium ユーザー限定チャンネル

YouTube originals

YouTube originals

YouTube Premium ユーザー限定のチャンネルも視聴可能です。Amazon のプレミアム会員限定コンテンツ Amazon Prime Video みたいな感じです。まだ日本でサービスを開始したばかりなので、海外のコンテンツが多い印象です。Amazon Prime Video みたいに、そのうち吉本興業などがコンテンツを提供していくだろうと思います。ここは年末年始にかけてどんどんバリエーションが増えていくと思います。

YouTube Music を利用可能

YouTube Music

YouTube Music

YouTube Music のサービスを利用することができます。こちらにあるものは非公式で公開されているものではなく、公式にアップロードされているものです。好きなアーティストを検索したり、トレンドや好みに合わせた再生リストが利用できます。バックグラウンド再生が可能ですので、別のアプリを開いていても大丈夫です。

YouTube Music

アプリ使用はこんな感じです。見やすく、操作しやすいインターフェースですね。ここでもダウンロードが出来るようです。

 

まとめ

様々な新しいサービス開始で、Netflix などの強いライバルに対抗していることが感じられます。これまで培ってきた検索技術などが大きな力になるのではないかと思います。Google なくして、ここまでインターネットが発展出来なかったでしょう。新しい風を巻き起こし続けることを期待しています。YouTube の広告表示がなくなるということも大きなメリットです。これが最大のメリットと言えるかもしれませんね。時間に対してお金を支払うという、まさに資本主義ですね。

まあ、まずは試してみるべきです。2019年2月14日までにご覧いただいた皆さんは、全員 YouTube Premium に登録されたら良いと思います。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。このブログをこれからも読みたいと思われた方は、ブックマークやお気に入り、RSSなどに登録をお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事