こんにちは ユウジです。

 

今回は米国時間2019年5月7日に発表され、5月17日に発売された Google Pixel 3a について書いていきます。 発売日は5月17日でしたが、海外からの輸送の遅れで5月20日以降に続々と届いたという報告がネット上に上がっています。ガジェット系YouTuberの方々も20日に動画を出されています。

 

今回の Google Pixel 3a は、個人的にGoodポイントがとても多いスマートフォンだと思っています。iPhoneが個人的に最近イマイチな印象を受けていますので、iPhoneからユーザーが結構流れるような気がしています。

Google Pixel 3a だけではなく、それのビッグサイズ版の Google Pixel 3a XL も発表、発売されています。3a が5.6インチで、3a XL が6インチです。

 

Goodポイント 1

安い!
税込48,600円(SIMフリー版)です。
多くの場合は本体価格を表示しますが、今回 Google は税込で表示しました。他の製品の感覚で「ふ〜ん、税込で5万強か〜」って最初思いましたが、表示価格が税込と知って「安いな!」と思いました。
高価格化が進み、5万を切るということは新しいスマートフォンでは少なくなってきました。新製品で8万、9万、12万という価格が当たり前になってきた今、一昔前の価格帯よりも少し安いくらいの価格は大きなインパクトがあります。
6インチの Google Pixel 3a XL は、税込60,000円です。キリ良いな!
まあ、サイズが大きい分高くなりますけど、これなら安いですね。
もっと安い製品はありますが、様々な観点から「安さ」で選ぶなら Google Pixel 3a を選ぶと良いと思います。
当ブログで以前紹介した HUWAWEI P20 Lite(記事はこちら) は、25,000円前後でAmazonなどで販売されていますが、現在ファーウェイとアメリカ、Google との間で問題が進行していますので、購入を推奨しません。
HUWAWEI P20 Lite を以前の私の発信によって購入された数名の方にはお詫び申し上げます。
発信後しばらくしてから、カナダでファーウェイの会長の逮捕があり、そこからファーウェイに対するアメリカ政府の制裁が大きく進み、日本国内でも大手キャリアが通信機器からファーウェイ製品の使用を中止するといったことが行われています。
トランプ政権による制裁が強まり、2019年5月20日(日本時間)には Google がファーウェイへのソフトウェア、サービス、技術提供などを停止することが発表されました。
既存製品には引き続きサポートを続けるそうですが、今後のファーウェイ製品には期待できません。
製品の完成度としては劣っていませんので、記事に関しては削除しません。(商品リンクは削除しています。)

Goodポイント 2

5万円未満で有機EL!
これ凄くないですか? 私は凄いと思います。
iPhone XR
iPhone XR は 84,800円(税別)で、液晶ディスプレイです。
iPhone XS
有機ELが欲しければ、iPhone XS を買うことになります。 iPhone XS は 112,800円(税別)です。 Appleが良い! iPhoneが良い!という方なら気にしないと思いますが、10万円超えは高いですね。
他メーカーの製品でも、5万円を切る有機ELのスマートフォンはないと思います。
あまり知られていない中国企業の安価な製品ならあるかもしれませんが、そういうのはファーウェイの現状を考えて、多くの方は賢明ではない選択だとご理解いただけると思います。ちなみにファーウェイ製品でも有機ELのものは5万円を超えています。
Google Pixel 3a の画面解像度は FHD+(2220 x 1080)、441 ppi で、Google Pixel 3a XL の画面解像度は FHD+(2160 x 1080)、402 ppi となっています。サイズの大きいXLの方が解像度が低くなっています。
ちなみに iPhone XR は、1,792 x 828 、326 ppi です。税込48,600円の製品が84,800円(税別)の製品の画面解像度を上回るという凄いことが起きました。 Appleが最近イマイチですね〜
流石に10万円越えの XS は Pixel 3a の画面解像度を上回っています。

Goodポイント 3

AIカメラが凄い!
2018年11月に発売開始された Google Pixel 3 とほぼ同等のカメラ性能を持っているそうです。
今回の Google Pixel 3a は Pixel 3 から機能を減らして価格を抑えた製品ですが、カメラ性能は広角などでは Pixel 3 に劣るものの、AIによる画像処理能力には差はないと Google が断言しています。これは嬉しいですね。

Google Pixel 3 のCMです。Night Sight (夜景モード) の威力が最後の方の数枚で分かります。

Queen の「フラッシュのテーマ」がCMに使用されています。時間あればオフィシャルビデオもぜひご覧ください。1980年のアメリカのSF映画『フラッシュ・ゴードン』のテーマ曲です。

 

 

AIカメラでフラッシュはもう要らなくなりました。今までフラッシュが苦手だった人もパッチリ目を開けた顔で写ることができます。複数枚AIが撮影してそれを合成することで実現したそうです。AIの力は侮れません。

これだけでも欲しい!となります。

Googleは、こんなCMも出しています。iPhoneと真っ向勝負ですね。

Google Pixel 3a と iPhone XS

最後に価格出してくるのが良いですね。日本国内のテレビCMには流れていませんが、YouTubeではアメリカで放送されているCMの視聴ができます。これで iPhone は買えないですね。笑

 

 

 

Goodポイント 4

FeliCa搭載!
これは嬉しいですね。
同価格帯で iPhone SE (現在販売終了)がありましたが、FeliCaは搭載されていませんでした。iPhone SE の後継機が今春出るかも?って言われていましたが、結局出ずでSEユーザーの多くは失望しました。私もSEユーザーなので私も失望しています。これについては3月に記事を書いています。 ( iPhone SE 2 発表ならず Apple Special Event https://yuji-yamada.com/iphone-se-2-apple-special-event )
SE後継にFeliCaが搭載されないことはないだろうという予想で多くの人は待っていましたが、Appleは応えてくれませんでした。
Google Pixel 3a に乗り換える iPhone SE ユーザーが結構多そうです。
FeliCa があれば良いという理由で安くなった iPhone 7 を買う人も結構いるようなので、最新型で5万円未満の Google Pixel 3a に注目が集まっていると思います。

Goodポイント 5

3年間のアップデート保証
これから3年間、最新版の Android OS へアップデートが出来るということです。
次世代製品が発売されても3年間は、サポートしますということですので安心して購入できると思います。
今後、"Made by Google"のPixelシェアは増えていくと思います。数年後には GALAXY、Pixel の2強になっていくと私は予想しています。ファーウェイはどうなるか分かりませんが、Google自ら手がけるPixelの将来は間違いなく明るいでしょう。迷われている方、多分悪い買い物にはならないと思いますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事