こんにちは ユウジです。

 

今回はYouTuberのスーツさんが愛用している HUAWEI P20 Lite について書いていきたいと思います。HUAWEI P20 Lite は、スーツさんのみならず、多くの人々に人気のコストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。スーツさんについては以下をご覧ください。

スーツさんとは

スーツさんは、横浜国立大学の学生でありながら、 YouTuber として活躍されています。 主に鉄道や旅についての動画を投稿されています。また、ある社会事象について取り上げて自ら見解を述べるような動画や、エンターテインメント性の高いコメディー動画も投稿されています。YouTubeチャンネルは以下の4つあります。

 

HUAWEI とは?

HUAWEI は中国・深センに本社を置く企業です。中国語の正式名称は華為技術有限公司です。1987年に設立した企業ですが、今や世界のスマートフォン市場で Apple を抜き2位のシェアを誇っています。2018年第2四半期についに Apple を抜いたという情報が入った時は、私のなかでは熱いものがありました。

1位はサムスンです。GALAXYブランドでスマホを出している韓国のメーカーです。

 

日本企業はもう蚊帳の外です。アメリカ・中国・台湾・韓国が上位を占めています。SONYもSHARPも京セラもスマホ市場で国際競争に大敗北中です。

日本においては iPhone のユーザーが非常に多く、サムスンの GALAXY ユーザーはごく僅かですので、世界市場と大きく実情が離れています。多分、日本では GALAXY よりも SHARPなど日本メーカーの機種を使っている人の割合が高くなっていると思います。

だからこのような状況であることを、あまり理解していない人も多いのではないかと思います。 iPhone も本体に "Designed by Apple in California" と表記されてはいるものの製造は中国で行われています。イメージセンサーなど部品の一部は日本で製造したものですが、最終的に組み立てられるのは中国になります。

 

私は、2016年にドイツの名門カメラブランドである Leica と提携したことで HUWAEI に関心を持つようになりました。その頃の製品は HUWAEI P9 です。これまで100年以上蓄積してきた Leica の技術の多くを、制約多い小さなスマートフォンに入れ込んだことは凄いことです。Leica に対しても伝統に忠実で堅い企業というそれまでの印象とガラッと変わりましたね。

 

Leica は、簡単にいうとキヤノンやニコンなどの日本のカメラメーカーが戦前から戦後にかけて追いかけていた企業です。精巧さ・デザイン性の高さで、トップに君臨していました。その時期に唯一戦えるレベルだったのは、同じくドイツのカール・ツァイスだけでしょう。日本は戦後、高度経済成長期に技術力が飛躍的に向上し、一眼レフという新たなスタイルへとカメラ市場を牽引していき、半世紀以上キヤノン・ニコンをはじめ日本企業がトップに君臨し続けています。この辺の話は別の記事で今後もっと深く書いていきます。

 

カメラは置いておいて、HUWAEI に戻ります。笑

HUAWEI について私が感じていること

2年前に関心を持った頃から、スマートフォンのデザインが洗練されていてこれは良いなと思っていました。価格もお手頃で性能もそこそこ良さそうだなと感じていました。ただ、その頃は総合的には iPhone がまだまだ強いという印象を受けていました。また、iPhone そっくりさんという感じで「それなら iPhone にするよ!」と当時は思いました。

購入時の iPhone SE

そして買ったのが、iPhone SE でした。SIMフリー版64GBで53,784円でした。2年経ちましたが、現在も使用しています。iPhone SE は、他の iPhone に比べて価格がお手頃で小さいため誰もが持ちやすいデザインとなっていることが特長です。しかしながら、Apple Pay 非対応・A9チップセットなどの点で陳腐化してきていることは否めません。機種変更を検討中です。

 

スーツさん と HUAWEI P20 Lite

スーツさんが HUAWEI P20 Lite を使用している様子です。ディスプレイを前面とすると背面に指紋センサーがついていますね。これどっちを表裏と捉えるかいつも迷います。ちゃんと添えて表現しないと誤解されますから面倒です。苦笑

iPhone では Apple のロゴがある位置くらいにありますね。iPhone からホームボタンが消えるとリークされていた頃(2016年冬〜2017年夏頃)には、iPhone X の背面の Apple ロゴ がセンサーとなり指紋認証を行うようになるのではないかという予想もありましたが、Apple は指紋認証を無くしてしまいました。顔認証もリークされていて、指紋認証も併用できるようにするだろうという予想もありました。 HUAWEI や GALAXY が併用をやっていましたが、Apple はそんなことしませんでした。

 

Appleは、「これからはそんなもの古くなるんだ!」という感じで一気に捨てていきますからね。まだ技術が成熟しきっていないのに、そういうことしちゃうんですよね。まあそういう思想が iPhone を生み出したので悪いことばかりではありません。ただ、生体認証についての扱いはちょっとやりすぎ感を感じるんですよね。顔認証より指紋認証が良い場面もありますしね。

 

この HUAWEI P20 Lite は、両方搭載しています。顔認証もできるし指紋認証もできるという iPhone にはないものです。これだけでも魅力あると思いますよ。

画像もデュアルレンズですので綺麗ですね。私はカメラを買う時にまずどこを見るかというと色味です。例えば、赤色がなんか違うなと思ったら買いません。このツイートの画像が補正してあるのかどうかは分かりませんが、なかなかの実力を持っていると感じました。色味悪いカメラは、あとで補正しても濁った感じが残ってしまうものです。これは私の経験的に分かることです。

あと、絵作りと呼ばれる写真の雰囲気も重視します。これもカメラによって個性が出てくるもので好みが分かれます。富士フイルムの絵作りが好きな人もいれば、ニコンの絵作りが好きな人もいます。

HUAWEI P20 Lite は、今流行りのデュアルレンズを搭載していて明暗や被写界深度などをコントロールしやすく高性能です。iPhone では、XS と2017年発売の X にしか搭載していません。XR はシングルレンズです。iPhone でデュアルレンズを体験しようと思ったら10万円超えと高額になります。

 

あと、シャッター音が控えめな音質なのが個人的に良いと思っています。スーツさんの最近の動画で、HUAWEI P20 Lite で撮影をするシーンがありましたが、シャッター音の静かさに驚かされました。iPhone は馬鹿でかいシャッター音が鳴ります。「カシャアアアアッ〜」って感じでとてもうるさい。これは共感される方が多いと思います。シャッター音の振動でブレるということもあります。※日本で販売する際には、シャッター音をつけろという日本の業界団体からの圧力があり、本当は音なしで撮影できるのに無駄なことをさせられているという実情があります。同じ機種でも海外から来た人のものはシャッター音が鳴りません。

 

それに対して、HUAWEI P20 Lite は品のある「パシャリッ」って感じの音です。

HUAWEI のカメラは全般的に良い音です。何度か家電量販店で触ったことがありますが、今までのどの機種も良い音でした。HUAWEI P20 Lite はライカレンズが搭載されていませんが、ライカレンズを搭載する上位モデルはライカ風に調整された静かなシャッター音が鳴ります。

 

ベゼルレスでノッチ付きデザインというトレンドを反映していますね。ノッチが嫌な人はその部分まで表示させない設定ができるみたいです。重さは145gで、X 以降の iPhone と比べると軽く設計されています。iPhone 8 より少し軽く 7 よりも少し重い程度です。画面サイズは XやXSと同じ5.8インチです。それで、4.7インチ時代の iPhone と同じくらいの重さというのは素晴らしいと思います。

 

端子は時代の最先端 USB-typeC です。これは iPhone より優れています。Lightning はもう古い!2018年10月30日に発表された iPad Pro では、Lightning がついに廃止されて USB-typeC に変わりました。2019年以降の iPhone でも USB-typeC に変わることが期待されます。

今まで、iPhone は Lightning端子、Android は micro USB端子でしたが、Android陣営は USB-typeC に変わってきています。iPhone も変わる時でしょう。

 

価格が神!この性能で!?

これだけ満載で、価格が3万円弱程度という驚愕の安さです。神!Σ(・□・;)

 

やっぱりスーツさんは良い選択をしますね。真の価値を効率よく手に入れる姿勢に感服します。

多くの日本人は、みんなが使っているからとか安心感で思考停止して高い iPhone を選びますが、スーツさんはそんなことはしません。

もちろん iPhone を使うことが悪いことではありませんよ。しかし、真の価値を感じることなく惰性で年々高くなる iPhone を買うことはお金の無駄だと思いますよ。「iPhone でなければならない!」と言える人はどうぞという感じですけれど、そうじゃなくて「ブランド」とか言ってる人はダサいと思います。

 

ちなみにスーツさんは、なんでも安ければ良いなんて一切思っていないことはよく観る方は分かると思います。ちゃんとかけるところにはかけています。30万円はする Surface Pro を使用されていますから、18万円くらいした私の MacBook Pro 13インチ(Touch Barなし)よりもさらに良いパソコンを使用されています。

MacBook Pro を使うような人って、Windows機を見た瞬間に馬鹿にするような愚かな人も多いですけれど、私は Surface Pro 良いな〜って思いますよ。羨ましい! MicrosoftもGoogleも、最近良い製品を出してきています。昔は Apple が頂点のような感じだったんですけどね。

 

スーツさんの熱心なファンの皆さん、スーツさん愛用の HUAWEI P20 Lite を買ってみては如何ですか?(╹◡╹)ファンの方以外でもコストパフォーマンスという点で強くお勧めします。

これを買えば多くの方は満足できると思います。SIMフリー版を買って格安SIMで使えばとても経済的です。経済的だけど不満はなく、それどころか満足できる筈です。

いつまでも「ドコモが高い!」だの「iPhoneが高い!」だの言っているくらいなら、切り替えるべきです。

 

日本企業なら、京セラやSHARPなども3万円前後でスマートフォンを出していますが、性能はかなり妥協されています。高度経済成長期に「良いものを安く」が出来た日本製品が、今中国に移行したような感じです。日本が高度経済成長期の頃に、ヨーロッパの人々が感じた感情が半世紀たって日本人にも感じられるようになったと言ったら良いかなと私は思います。雰囲気的に似ていませんか?

要するに中国の製品が、安いけれども品質に優れるようになってきたのです。

いつまでもパクリパクリと言っている場合ではありませんよ。

 

ということで、HUAWEI P20 Lite の私の評価でした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。このブログをこれからも読みたいと思われた方は、ブックマークやお気に入り、RSSなどに登録をお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事