【2020春モデル】 Apple が iPad Pro と MacBook Air を発表

こんにちは、ユウジです。

 

2020年3月18日(日本時間)、Apple から新型の iPad Pro と MacBook Air が発表されました。

今回は新型コロナウイルスの感染が拡大している影響により、毎年恒例の大々的なイベントは行われることなく、また、Keynote(スライド)を使ったプレゼンテーションを撮影して公式サイト上に動画やライブ配信を公開するといったこともありませんでした。

公式サイトの内容をしれっと更新するのみという非常に静かな発表となりました。

 

 

本記事では、文章・写真のみで公開された情報を元に私の感想等を書いていきます。

 

新型 iPad Pro について思うこと

iPad Pro 2020春

まるでノートパソコンのような姿で私たちにアピールしている Apple の iPad Pro 。

Apple は、iPad Pro 本体のほかに、別売の Magic Keyboard とセットにしてPRしています。まるで「 Magic Keyboard と一緒でないと、それは iPad Pro を持っているとは言えない!」とでも言うかのようです。

 

それだけ今回の iPad Pro では、キーボードと一緒に使って欲しいのでしょう。

 

 

iPad Pro 2020春

また、「ノートパソコンが追いつけないほどのスピード。」という一文も非常に挑戦的です。

Appleの製品を愛する人々(俗に言うApple信者)やガジェット好きの方にとっては、「また言っているよ。」と思うくらいiPadではこれに類似する表現を度々使って発表していますが、今回も使いました。「また挑発か」と私にとってはもう慣れたものです。

 

 

新型 iPad Pro 対応の Magic Keyboard は、今回初めてトラックパッドが付きました。

MacBookシリーズで大好評のトラックパッドが搭載されたことで、よりそれに近い操作性に向上したと期待できます。

 

 

MacBookシリーズもノートパソコンなので、自社製品同士食いあいをしてしまうのではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、Apple にとってはあれはノートパソコンとは捉えていません。

 

私たち消費者にとってはノートパソコンのなかに MacBook があるように思いますが、Apple にとっては、その他多数の Windows 機に対して使っていると思われます。「ノートパソコンが追いつけないほどのスピード。」というのは、Windows機に対する挑発であって、MacBookシリーズを超えるという意味ではありません。

 

 

15万円以上の高性能なノートパソコンやMacBookシリーズ以外なら iPad Pro を買う方がコストパフォーマンスは良いかもしれません。

 

 

新型 MacBook Air について思うこと

MacBook Air 2020春

特に言うことのない順当なアップデートと言えるでしょう。

新規格の無線LAN” Wi-Fi 6 ”に対応しているので、高速なインターネット体験を実現したい方には良いコンピュータだと思います。

 

 

iPhone SE の後継機と AirPods は発表なし

噂されていた iPhone SE2, AirPods は発表されませんでした。

新型コロナウイルスの影響で生産が間に合わず、発表は1か月くらい遅れるのではないかという噂もありますが、果たしてSEの後継は出るのでしょうか?

AirPods については、AirPods Pro が出て半年ということもあり、様子見として次の発表に持ち越しとなったということもありそうです。

 

 

まとめ

今回は非常に静かに iPad Pro と MacBook Air が発表されましたが、大きな盛り上がりは恐らくなさそうに思います。まあ正統進化かなと言ったところです。

 

興奮するような新製品は、今年の秋の発表会で出てくると思います。

今年秋の iPhone 新モデル(12?)は、5Gに対応したモデルとなると予想されています。今春から5Gのサービスが通信キャリア大手各社から始まりますので、それを体感してみたいというユーザーが多くいると思われます。

 

日本で5Gが本格的に盛り上がり始めるのは、iPhone が対応する秋以降になると思いますので、たぶん今年の秋は熱くなるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事