こんにちは 山田裕司です。

 

今日は、ハロウィーンで馬鹿騒ぎをする渋谷の群衆について書いていきます。

本当はハロウィーン当日か直後に書こうと思っていたのですが、数日前にも関わらず奴らの暴挙が深刻な状況になっているようですので、少し早いですが書いていきたいと思います。これを書くことで、10月31日当日に馬鹿騒ぎをしに行こうと思う愚か者が、微々たる力でしょうが減れば良いかなと思っています。もっとも、私のブログの読者の皆様にはそんな愚かな人はいないことと思いますが...

 

何らかのイベントがあれば必ず、渋谷のスクランブル交差点からセンター街・道玄坂にかけてのエリアで、坂を超えて四方から騒ぎたい若者が下って来て集結します。

渋谷の地形をご存知の方がどれだけいらっしゃるのかは分かりませんが、渋谷はその名の通り谷のようになっています。渋谷駅周辺には坂がいっぱいあります。道玄坂、宮益坂、スペイン坂...etc

 

渋谷駅からは道路、鉄道とも坂を超えなければ隣の街へ行けないのです。東京メトロ銀座線が地下鉄なのに地上3階にある理由は、隣の青山一丁目よりも土地が急激に低くなっているからです。わざわざ地下に潜り続ける必要もないですから、あの様な構造になっています。

渋谷を出発し青山一丁目に向かいトンネルに入る際に、JRをまたぐ地上3階という高さであるためやはり下り坂がありますが、そんなに急ではありません。京王井の頭線も渋谷を出発するとトンネルに入り、丘のようになった地形を抜けて次の駅である新泉へと至るのです。

 

東急田園都市線 ・東京メトロ半蔵門線や東急東横線・東京メトロ副都心線を見ると前後にかなりの急勾配を有しながらも、懸命に掘ったのだなと感じるものです。※東急東横線については数年前までは東京メトロ銀座線同様に地上でした(高さはJRと同じ)

 

様々なヒト・モノが下ってくる街、それが渋谷です。

 

でも、私はあまり好きではありませんね。

東京では新宿・渋谷・池袋を副都心と呼びますが、私は断然新宿派ですね。

渋谷でできることは殆ど新宿が持っています。新宿行った方が色々と効率的ですしね。私は渋谷に大きな価値を感じません。今やその地形がかなりの悪影響を及ぼしている様に感じます。「地形なんか意味ないでしょ!?」と言われるかもしれませんが、結構重要な指標だと私は思っています。

 

モノについては置いておくとしても、最近下ってくるヒトの質が本当に酷くなってきました。

軽トラひっくり返すってどういうことだ??

信じがたい行動が相次ぐ様になってきました。

 

持ち主によると、乗車中に道を塞がれ群れが急に押し倒そうとしてきて、慌てて車外に飛び出したそうです。押し倒したあとはその上に乗って騒ぎ、周りはそれを囃し立てるという異様な状況だったようです。こんなこと軽トラの持ち主は想定外だったでしょうね。

持ち主は車外に脱出し、すぐさま警察に通報したそうです。

 

完全に犯罪行為ですし、それを囃し立てる周りも本当にどうしようもないものです。

盗撮や痴漢の被害も相次ぐなど、夜の渋谷は現在とても狂っています。こんなところに行って何がしたいのでしょう?今行こうと思っている人は考え直してください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事