こんにちは ユウジです。

 

皆さんは、UBER EATS をご存知ですか?

配車アプリの UBER は有名ですよね。もしあなたがご存知ないようでしたら、この機会に知ってください。知らないままでは恥ずかしいですし、時代の置き去りにされます。

 

UBER は、スマホのアプリ上であらかじめ目的の住所やおおよその場所を入力します。

そして、時間と人が空いている近くを走る登録ドライバーに乗せてもらうのです。

UBER は、運転手も車も持ちません。登録してもらったドライバーに対して依頼するというシステムです。そして収入の一部を利用料・手数料として UBER が取り、その差額を登録ドライバーに支払うのです。世界の多くの国々でサービスを開始しています。

既存のタクシー業界を駆逐する存在だと言われています。UBER のドライバー登録には、運転免許以外に資格は一切いりません。運転免許と車を持っている人なら誰でもドライバーになれるのです。一般人に仕事を奪われるため、これに既存のタクシー業界は危機感を感じています。

 

日本においては、タクシー運転手になるために二種免許が追加で必要になりますので、かなり規制で守られています。二種免許なんて存在しない国が殆どですが、日本にはそういう免許が存在します。タクシーの運転手で仕事する人以外は、普通は取らない免許ですので、タクシー運転手以外の一般人が UBER の登録ドライバー になることは不可能です。

わざわざお金払って教習所に通って二種免許なんか取りますか? 殆どの人はそんなの嫌ですよね。この二種免許は廃止して良いと個人的に思います。

二種免許取ってるからといって変わりますか? あんなものただの許可です。国がタクシー業界を守っているだけです。質の悪いドライバーも沢山います。堀江貴文さんは、頻繁にタクシーの運転手に嫌がらせされています。笑笑

 

UBER は、利用者がドライバーを評価できる仕組みになっています。低評価の人なら利用者から選ばれなくなりますから、ドライバーは評価をあげようと努力します。これが良いのです。

流しのタクシーなんて、完全に運頼みですよね。

こんなに素晴らしいのに、国はタクシー業界を守って二種免許を廃止しないのです。日本が大きく変化できないのは、こういうことが大きな要因なんです。岩盤規制によって新規参入を拒み続け、守られた人々は態度が大きくなるのです。

 

本題行きますね。( ̄∇ ̄)

UBER EATS とは?

UBER EATS は同じく、UBER が提供するサービスです。

一言で言うと、飲食店のデリバリー部門を引き受けるという感じです。

UBER EATS が商品の配達を請け負うのです。こちらも UBER と同じく、会社は何も持つものはありません。情報・金銭のやり取りだけです。配達自体は、やりたい誰かに依頼するのです。

稼ぎたいという人が配達員として UBER EATS に登録し、その人たちにやってもらうのです。

 

簡単な図にすると仕組みはこんな感じです。

UBER EATS の図解

「運動がてら仕事してみるか!」という感じで、隙間時間にちょっと稼ぐという人もいると思います。デリバリーのアルバイトと違うのは、時間を拘束されていないことですね。人間関係のしがらみや気疲れなんかもありません。これは最高ですね。

「自分からやりたいと思って仕事をする」ということは、自分が面倒だと少しでも思って仕事することよりも価値があります。本来はこうあるべきだと私は思います。佐川急便の配達員がストレスから物を乱雑に扱ったことが少し前にありましたが、そういうことも UBER EATS なら皆無だと思います。

 

UBER EATS を利用してみて

今日の昼に、UBER EATS を初体験しました。

UBER EATS は2年前に日本に上陸したサービスです。東京都心からスタートしました。

今年の春に大阪市内 、夏に京都市内・神戸市内・川崎市内、先月から名古屋市内でも、さらに今月は横浜市内 UBER EATS のサービスが開始されました。

東京・大阪・名古屋・京都・横浜・川崎・神戸

もうすぐ福岡にもサービス開始予定です。

 

日本国内で今年だけでこんなにエリアが拡大しているのです。これからもっと注目されていくでしょう。

 

 

注文画面はこんな感じです。重要な情報は伏せています。

UBER EATS 注文画面

こちらが注文画面です。500円オフのお友達紹介クーポンを利用したため、500円割引きになっています。近場ですので、送料は140円です。平均的には250円や350円程度になります。

注文ボタンをタップすると注文完了です。

私のお友達紹介クーポンのコードは、こちらです。
eats-onchlwこれをプロモーションコードに入力すると500円オフになります。
私も500円オフになります。

皆さんも、コードを入力して500円お得に利用してみてください。

 

UBER EATS 注文完了画面

このように、注文完了後に即座に到着予定時刻が出ます。便利ですね。

UBER EATS 配達開始

しばらくすると、配達員が店を出発したことが通知されます。画面も変わります。

この配達員さんは UBER EATS に登録している人です。店のアルバイトの人ではありません。

配達員さんの顔写真と名前が表示されています。個人情報なのでしっかり伏せておきます。自転車で来られるということも分かります。

 

この後、到着まで地図が表示されます。配達員さんの持っているスマホのGPSによって、どの地点にいるのかがハッキリ分かります。移動の様子を監視することもできます。初めてなので、ジーッと見てしまっていました。苦笑 途中で若干迷っている様子も見られました。恥ずかしい...

 

親子丼

親子丼が届きました。私だけではないので、2人分購入しました。如何ですか?

親子丼は別にどうでも良いですね。大学生くらいの男の人が配達に来ました。以下の画像のような格好でした。ヘルメットは被っていなかったけど...

UBER EATS 配達員のイメージ

 

THE NORTH FACE の四角いリュックを大きくしたような感じのものを背負ってやって来ました。そのリュックには UBER EATS という文字がありました。支給されるのか( ゚ ω ゚ ) ! 

バイト感覚で空き時間にやってみたという感じでした。「感じでした」って分かりませんけどね。( ̄∇ ̄)多分そうでしょう。

 

現金渡すなんてことはないので、渡してすぐに帰って行きました。当然制服なんてものは着ておらずリュック以外は普通の大学生の格好でした。このような体験は、とても新鮮でした。

宅配来たら現金を渡すというのが、これまでの20年間の人生で当たり前でしたので、なんか不思議な感覚でした。日常的に使うLINEアプリにLINEデリマがありますが、あれは見るだけで使ったことは一度もありませんでした。LINEデリマなら、注文時に LINE Pay から支払いという感じになると思います。キャッシュレスという点で同じですが、LINEデリマは今までと同じく店のアルバイトの配達員がやっています。そこが大きく異なります。

 

なかなかエキサイティングな体験ができて楽しかった〜

こういうことが今後かならず当たり前の時代になります。これはもう確信できます!

自動運転の時代になったらどうなるのでしょうかね。UBER も自動運転タクシーの未来を見据えています。さらにパワーアップすることは間違いありません。これからますます期待の分野です。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。このブログをこれからも読みたいと思われた方は、ブックマークやお気に入り、RSSなどに登録をお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事