こんにちは ユウジです。

 

ファーウェイは、早ければ今秋にも独自開発のOSを採用したスマートフォンを市場に投入する方針だと明らかにしましたね。ただ、その実態については殆ど公開されていません。

 

現在、ファーウェイのスマートフォンには Android OS が使用されています。Android OS というのは Google が開発しているオペレーティングソフトウェア (基本ソフトウェア)(OS)です。 スマートフォン市場では、Apple が開発し自社の iPhone、iPad にのみ投入している iOS と、Google が開発し自社の Pixel 、サムスンなどその他多くの企業が発売しているスマートフォン、タブレットに提供・投入している Android があります。それ以外にも一応ありますが、市場の殆どはこの二つのOSが市場を占めています。

 

パソコンの市場で例えるなら、Apple が開発し自社の iMac、MacBookシリーズ、Mac mini にのみ投入している Mac OS と、Microsoft が開発し自社の Surface 、その他多くの企業が発売しているパソコンに提供・投入している Windows と似た関係性を持っています。(※ Mac に Windows をインストールできるといったこと特殊な部分は除きます。そういうことは iOS、Android では出来ません。)

 

要するに

東芝のパソコンを買えばそれはWindowsのパソコンであるのと、ソニーのXperiaを買えばそれはAndroidのスマホということは同じようなことだということです。Mac OS が使いたければ Apple の Macシリーズを、iOS が使いたければ Apple の iPhone、iPad を買うしか選択肢がないのです。

 

 

現在、Googleから完全に排除されそうだから、ファーウェイは独自OS開発に奮闘しているのです。(今に始まったことではなく、前から独自OS開発は進められてきました。) 今ファーウェイが使っているOSは、Google の Android ですから自社でOSを開発しないとこれから新製品が出せないのです。 会社の死活問題ですからファーウェイの開発陣たちは血眼になっていると思います。

 

雰囲気とかは抜きにして、構造的に見ると一部 Apple みたいになろうとしているのです。というか、そうせざるを得なくなったのです。

 

OSが開発できたら、多分 Apple とは違って自社だけに留めずに、他社にファーウェイのOSを売っていくと思います。そうやってスマートフォン市場で今の大きな存在を保っていこうとしていく筈です。そうさせまいとアメリカが強烈な制裁で防いでいくでしょう。

 

 

 

「なんで、ここまでファーウェイがいじめられてるの? ファーウェイ可哀想〜 (´_`。)」っていう方もいらっしゃると思いますが、そこには様々な事情があるのです。

 

ファーウェイがどういう企業なのか皆さんご存知でしょうか?

Wikipediaの該当ページ冒頭には、こう書かれています。

ファーウェイ・テクノロジーズ(漢字略称: 華為技術、簡体字: 华为技术有限公司、英語: Huawei Technologies Co., Ltd.)は、中華人民共和国深圳市に本社を置く通信機器メーカー。

これは皆さんのイメージ通りだと思います。
しかし、これは表の姿です。
裏は、軍事企業のようなものだという見方もできます。
創業者の任正非は、中国人民解放軍出身です。1988年に人民解放軍の数人の仲間とともにファーウェイを創業しました。ファーウェイは中国語で華為と書きます。中国のための技術ということが分かります。
中国共産党、中国人民解放軍との繋がりを創業者や幹部は否定しますが、まあ本当にないとは言えないと思いませんか?
端末の使用許諾のデータ利用に関する同意を読めば、非常に危険なことが分かります。

ファーウェイにユーザー情報を自由に利用されるのです。Apple などの使用許諾と比べると企業側の自由度がかなり高いことが分かります。Apple などにはここからは踏み込まないという一線がありますが、ファーウェイにはないと言っても全く大げさではありません。
そのユーザー情報をファーウェイにどのように利用されているのか分かりません。Apple などとは違い、殆どすべてのユーザー情報と言って良いかもしれません。ここまではという一線の記載が全くないのですから!
Apple のプライバシーポリシーについては、こちらのサイトをご覧になると理解しやすいです。 Appleが新CMで伝えたい「iPhoneのプライバシー」 ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/03/news060.html
Apple 公式のプライバシーポリシーはこちらでご覧ください。長文がずら〜っと記載されています。 Legal - プライバシーポリシー- Apple  https://www.apple.com/jp/legal/privacy/jp/
Apple は、Google, Facebook などに対してユーザー情報を限度を超えて収集しているという風に批判していたりもします。Google, Facebook には、いつもお世話になっており、情報収集能力・情報処理能力の恩恵を日々享受させていただいていますので、私は Apple と同調できません。そもそも深く知れていないということもありますが... まあ、それだけ Apple はプライバシーに対して厳格であるということをアピールしたいということもあるでしょう。
中国企業の殆どは、基本的に中国共産党と密な関係と言われています。
アリババとかは諸にそんな感じです。アリババは、日本では殆ど利用者がいませんが世界では Amazon と並ぶ規模のEC(ネットショッピング)サイトを運営しています。アリババはECの他にも様々な事業があります。日本に住む人に認知が高いのはQRコード決済かなと思います。
日本では中国からの訪日観光客の需要に対応すべくコンビニや百貨店、ドラッグストアなどを中心にQRコード決済のAlipayの導入が進んでいます。
その他にゴマ信用という評価経済システムなどがあります。ゴマ信用は、行動の良し悪しで個人のスコアが明確に数値として判定されるシステムです。中国共産党と密だと思われるので(あえてこの辺の表現にしておきます。)、監視社会へどんどん進んでいくと批判されたり恐れられていたりします。
中国共産党は何か都合の良いことがあれば、企業に対して「それ頂戴!」とか割と言いがちだと思われます。「それ頂戴!」って言われたら、まあ「はい」しかないでしょうね。
中国は社会主義国です。資本主義国にお住いの方は、よく考えてみましょう。
多くの資本主義国とは根本的に違うのです。
資本主義国で自由で平等な社会が進んだアメリカでは、FBIが「ロック解除を突破する方法を教えろ!」と言っても Apple は「ユーザーのセキュリティを守るために、そんなことには応じられない!」と言って法廷で争ったことが数年前にありました。
FBIは、「第三者の協力によって突破できた」という結末になりました。Apple は、最後までFBIの要求に応じず、ユーザーのセキュリティ保護の姿勢を貫きました。
こういう企業は中国には恐らくないと思われます。Apple みたいな態度でいると一瞬で潰されて二度と市場に戻ってこれなくなるでしょう。
私は中国の文化や人々を嫌ったり、憎んでいる訳ではありません。社会体制に対して私は「嫌だな〜」という感情を抱いているだけです。
もちろん社会主義・共産主義が良いという方もいらっしゃることは理解していますし、そのような考え方を持っているからといって拒絶しようという考えはありません。私は資本主義・リベラリズムであるので考え方が違うというだけです。違うということに良いも悪いもありません。
今後ファーウェイの成長は、中国が自由で平等な社会に変わっていくことがなければ難しいのではないかと私は感じます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事