【5G危機】 情報発信は動画が支配 文章だけでは生き残れない!

こんにちは、ユウジです。

 

来年から次世代移動通信の5Gが始まりますが、あなたは対策が出来ていますか?

えっ...? 何が変わるの?

 

このように、疑問に思われたかもしれません。

しかし、あなたがもし文章を通して情報発信をされているのであれば、疑問の状態のままでは危険だと私は思います。

 

 

本記事では、次世代移動通信の5Gによってインターネットがどう変化し、それに伴って情報発信がどう変化するのかについて、簡単に紹介していきます。

 

5Gで、通信の性能が大幅に進化!

現在、私たちが外で使っている移動通信は4Gですが、日本では2020年春以降に順次5Gが加わります。このGというのは世代を意味する"generation(ジェネレーション)"です。

いま4世代目ということで、来年5世代目に移動通信の規格が進化するのです。

 

まずは、これまでのGを1から確認!

1世代目の1Gは、平野ノラさんが愛用しているショルダーフォンの世代です。

ショルダーフォン

携帯電話が登場したばかりの1980年代の規格です。

外で電話ができる!」これだけで人々は興奮していました。

 

 

1990年代に入り、2Gになるとメールができるようになります。

2Gケータイ

長い歴史を持つ郵便の地位が、急降下しました。

 

2001年に3Gになり、iモードやezwebなどのサービスが開始され、携帯電話でもインターネットができるようになりました。しかし、まだテキストオンリーのサイトくらいしか重すぎて読み込みに時間が掛かりました。

 

写真や動画などがあるサイトを読み込むなんて、重すぎて使い物になりません。

有線LANまたは無線LANのネットワーク環境に接続したパソコンに頼るしか、ありませんでした。

 

 

 

2012年の4Gで一気に変わりました。携帯電話はスマホがメインになりました。

スマホ

スマホで動画を観たり、ゲームしたりできるレベルにまで進化しました。

それに伴い、スマホのスペックも急激に進化し、「もうパソコンはいらない!」と思う人も続出しました。

 

今の4Gは、サービス開始から7年が経過しました。

そして、次の5Gになるわけです。

 

どう進化するの?

様々な部分が一同に進化するので、全て紹介すると非常に長くなります。

今回は、情報発信において特に重要な進化に絞って紹介します。

 

重要な進化はこの二つです。

  • 通信速度の高速化
  • 同時接続数の増加

 

情報発信関連では、これだけ頭に入れておけば十分でしょう。

 

高速化については、現在の4Gから5Gへ変わることで100倍速くなります。

同時接続数の増加は、今より10倍増加します。

 

 

5Gに進化することで起きる情報発信の変化は?

5Gで、情報発信がどう変わっていくのかについてですが、動画での発信がより影響力を持つようになると広く言われています。私もそう思います。

現在は、速度制限を気にして、「外では動画を観るのを控えよう(ブログとか読もう)」という層が少なからずいますが、5Gになると完全にいなくなると思われます。

 

そもそも速度制限をキャリアが掛ける理由の一つは、4G基地局の同時接続数がキツキツな状態で、供給が追いつけていないからだと言われています。5Gになり余裕が生まれると、それを取っ払えるようになるのではないかと期待されています。

速度制限は過去の話になるでしょう。

 

 

通信速度の高速化では、2時間の映画が数秒で読み込めるようになると言われています。

そうなると、私たちがよく観るような数分〜数十分程度のYouTube動画は、待たなくても良くなります。

 

 

また、既に制作された動画に限らず、ライブ動画でもその威力を発揮します。

低遅延化」と言い、読み込みまでの時間が非常に短くなります。遅延時間は1ミリ秒になると言われています。これは言い換えると1/1000秒です。

 

この読み込みに要する時間(遅延)の短さが、医療にも活用されると注目されています。医療で使えるレベルですから、相当な速さです。

 

 

ほとんどタイムラグなしに、ライブ動画を観られるようになります。

同じ部屋で会話するのと変わらず、まるでその場にいると感じるレベルと言って良いでしょう。

 

 

 

こうなったときに、多くの人のスマホでの行動がどうなるでしょうか。

私は、間違いなく動画を観る時間が劇的に増えると思います。

私は、画面あるもの全て映像が支配する時代が到来すると予想しています。

 

テレビの強みは、どんな状況になろうとパッと映像が観られることでした。しかし、5Gになると同様のことがインターネットでも実現します。そうなったときには、テレビ・スマホ限らず画面あるものでは動画を観ようという風になり、文章を読む時間は激減すると思われます。

 

情報発信の媒体で、文章だけというのは、影響力的に不利になってくるでしょう。
現時点でも既に不利になりつつあります。

それを察知したブロガーが次々とYouTuberになってきています。

YouTuberに進出したブロガー

 

私がこのブログを始めたのは、2018年10月4日ですが、全く同じ日にイケダハヤトさんはYouTubeに進出しています。

 

 

 

 

これを受けて、マナブさんもYouTuberになろうかと揺れ動いていました。


このとき喋るのが苦手と言いながらも、今ではそんなことを全く感じさせない喋りの達者なYouTuberです。現在の登録者数は17.3万人です。

 

 

そのほかにも、

無印ハヤシという名前で活動されているYouTuberも、元々はブログ一本で活動されている方でした。現在は、YouTube進出前から運営している SIMPLE LIFE というブログ(こちらでは”こーせい”という名前)と無印ハヤシチャンネルの両輪で、情報発信されています。

 

まだ、YouTubeを始めてから5ヶ月程度しか経っていないのにも関わらず、チャンネル登録者数が1万人を超えるという驚異の伸び率です。

 

この機会にぜひご覧ください。

ブログ: SIMPLE LIFE(シンプルライフ)

YouTube: 無印ハヤシ

 

 

 

このように、ブロガーがYouTubeに進出するという流れが進んできています。

文章に価値がないわけではありませんが、記号の集合であるため表現に限界があります。

声・表情・身体の動きという情報は、私たちの感情においてかなり強い刺激のようで、それを文章が超えるのはかなり難しい気がします。

 

 

 

喋るのは苦手

明らかに文字で読んだ方が早いのに、、、

2018年10月4日のマナブさんの発言は、私自信すごく共感します。

 

ただ、ここで発信者自身が変わっていくかどうかで大きな差が生まれます。

この頃も私とは比べ物にならないくらいの影響力を持つマナブさんですので、こういう表現と捉え方はおこがましいかもしれませんが...。

 

 

最後に

以上のように5Gに伴う激変を、情報発信の世界では先行して感じてきています。

現時点では、文章オンリーの私ですが...、

動画発信を絶対にやらない!

とは決めていません。

 

ブログを開始した2018年10月4日当初

現状の自分の能力を見つめた上で、いまは文章発信に絞った方が効果的だという判断で、文章発信のみを選択しました。

 

しかし、1年が経過した今、思い切って変えようかという葛藤があります。

 

もし、あなたが文章発信のみのブロガーなら、私同様に危機感を持って、動画発信も視野に入れて検討して欲しいと思います。そして、進出すると決断したならすぐに動画発信を始めてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事